このページの先頭です
ここから本文です

市内企業紹介

  1. HOME
  2. 市内企業紹介
  3. 受賞等企業紹介
  4. 富士電子工業株式会社

元気なモノ作り中小企業300社(中小企業庁)

富士電子工業株式会社

富士電子工業株式会社

高周波を用いる誘導加熱処理(IH熱処理)技術は常に最先端

富士電子工業株式会社は、設立50周年の高周波誘導加熱焼入装置メーカーで、この半世紀、自動車・産業機械・工作機械・建設機械等の業界に数々の焼入装置を納入。独自に開発した高周波誘導加熱焼入装置により、鉄鋼部品における高強度・高精度な焼入加工を実現し、素材の形状や材質に合わせ、ムラなく均質に加熱できるのが最大の特徴。当社では焼入装置の製造だけでなく、自社工場内で約30台の最新設備による受託加工も行っている。


IH熱処理は、熱効率に優れ、省エネルギーで環境にやさしい熱処理技術。その結果、顧客の製品の軽量化に寄与するだけでなく、従来の焼入と比較すると、焼入する際に発生するCO2排出量を1/10以下に抑えたり、エネルギー使用量を約6割削減することができるため、顧客の競争力を高めることができる。(CO2、エネルギー使用量はいずれも浸炭焼入との比較)

機械(クランク)

ワーク



主な事業内容

高周波誘導加熱焼入装置・部品の製造販売、トランジスタインバーター及びその部品の製造販売、誘導加熱付帯各種自動機機器の製造販売、高・中周波熱処理受託加工、試作開発の受入

受賞歴等

2006年4月 経済産業省「元気なモノ作り300社」に選出される。
品質保証ISO9001 ISO9002取得
環境マネジメントシステム ISO14001取得

沿 革

創 立 1960年(昭和35年)6月18日
資本金 8000万円
代表者 渡邊 弘子
従業員 110名
本 社 〒581-0092 八尾市老原6丁目71番地
連絡先 TEL 072-991-1361 FAX 072-991-1309
営業所 東京営業所、名古屋営業所

1960年7月

1969年2月
1975年7月
1977年5月
1978年3月
1983年6月
1995年3月
1997年5月
1997年10月
2002年11月
2008年5月
高周波誘導加熱焼入装置の製造並びに各種機械部品の高周波熱処理受託
加工業務を目的に富士電子工業を、資本金150万円を以って設立
現本社屋設立
資本金5000万円に増資
名古屋営業所開設
東京営業所開設
研究所設立
新社屋設立
資本金8000万円に増資
IGBT本格販売開設
トヨタ自動車(株)とクランクシャフト低歪焼入共同開発契約書締結
新技術研究所設立


技術研究所

蓄積された技術とIHの特徴を最大限に生かし、2008年から技術研究所にて研究開発体制を確立。この技術に関連した当社の特許・実用新案等の知的財産保有数は国内で約200件以上にも上っている。

 代表取締役 渡邊 弘子

 

 

最終更新 (2010年11月26日)

TOPへもどる