このページの先頭です
ここから本文です

市内企業紹介

  1. HOME
  2. 市内企業紹介
  3. 受賞等企業紹介
  4. 株式会社丸二スチール製作所

なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)

株式会社丸二スチール製作所

株式会社丸二スチール製作所

1、なにわの名工に選定されたテーマと技術者について

テーマ:椅子張り加工(業務用家具製造工)
技術者:堤田 豊 氏
この度、堤田課長が名誉ある「なにわの名工」に顕彰され当社の誉れと存じています。同氏は当社の中核として椅子張りのみならず、開発にも積極的に適切なアドバイスを行うなど技術面、信頼・知名度の向上に大きく貢献している。また、後輩達にも「厳しさと思いやり」のある気持ちで惜しみなく技術指導を行っており、頼りがいのある先輩として慕われている。

22年度 大阪府「なにわの名工」受賞

堤田 豊 氏
木製家具製造工
椅子・ソファなどの生地張り加工に長年従事し、木製家具製造工として卓越した技能を有している。生地張り加工は、張る素材ごとに当てる力加減が極めて重要であるため、業界では分業が進んでいるが、氏は長年の経験によって培われた優れた技能により、椅子、ソファの張り加工のみならず、生地の裁断、縫製、クッション張り付け、仕上げ張りまで、完成に至るまでの工程を一貫して行う技能を有している。 (大阪府)


2、ものづくり人材育成の必要性

業務用家具業界では分業化が進んでいる中、手作業で行う椅子・ソファの生地張り具合で「座り心地」が左右される(素材別の力加減)など、熟練された技能が必要である。
特に顧客の多様なニーズへの対応は、一貫した手作業で、一人で完成に至るまで出来る熟練された優秀な技能者の育成・確保が重要な課題となっている。
家具業界は、熟練技能者の高齢化が進むと同時に技能承継者不足にある状況下のなかで、当社も快適な生活環境に寄与できる椅子・ソファなどの「ものづくり人材」の育成こそが根幹である。

3、生産技術の効率化や製品開発における課題克服など

当社は熟練職人の手技と蓄積されたノウハウ、日々の創意工夫、モノ創りのプロとしてお客さまの声に応えるために創業精神「価値ある品質」にこだわり続けている。特に信頼の一貫体制として、企画・デザインから製作、販売までの独自の体制を確立しておりすべての工程を一貫して行っている事により、試作品によるイメージ確認、多品種小ロット、納期にも柔軟に素早く対応できる。

4、今後の人材育成について

熟練技能者が高齢化してくる中で、堤田課長を責任者として若手技能者に対し日常業務の中で指導を行うと共に、定期的に技術指導を実施している事による技能習得の向上を推進していく。
また、お客様に対するコミニケーションの大切さを常に体で表せて、様々な要望にも細やかな対応が出来る社員教育の実施。

5、その他

堤田課長は、八尾市・八尾商工会議所の「ものづくり達人」に顕彰されている。

6、人材育成と当社の強み

メタル・ラタン・木製イス・ソファなど業務用イス全般を幅広く取り扱っており、専属デザイナーによるオリジナルデザインの商品開発をはじめ、お客様のオーダーに応じた別注品にも対応できる人材を配しており、広範なニーズにも応えられる強みがある。

☆2011年は、当社創業50周年を迎えます。

これを機に、本社に「ショールーム」を新設いたし、商談も行える体制作りと「2011年版・新カタログ」を発刊いたす計画を致しております。

最終更新 (2011年1月20日)

TOPへもどる